読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかね〜

世の中のこと

不二家といい、このあるあるの大嘘納豆ネタといい(納豆が身体に良いのは事実だが)、アクエリアスといい、色々なことが起きますね。

全部を同じにするのは無理があるのかもしれませんが ...

しかし、毎週月曜日に会社で「昨日のあるある見た〜?、今日から私納豆食べよう!!」とか、月曜が来るたびにあるあるネタで盛り上がってたOLとか、月曜日にスーパーに急いで、納豆やらパイナップルやら、あるあるでやったネタの食材を買いあさっていた主婦の立場っていったい ...

踊らされていたと言ってしまうとそれまでかもしれないけど、でも嘘をついてまで踊らせてたのは酷いよね〜

 納豆ダイエットを特集して納豆の売り切れ騒動まで引き起こした7日放送のフジテレビ系「発掘!あるある大事典II」(日曜・後9時)で、虚偽のデータや架空のコメントが使われていたとして20日、制作した関西テレビが大阪・北区の帝国ホテルで緊急会見して謝罪した。同局によると、一部のクルーが取材結果をねつ造したのが発端だが、全容はまだ調査中という。21日の同番組は「スタメン」への差し替えが決定。老舗の長寿番組が、存続を危ぶまれる状況となった。

 大人気の生活情報番組に激震が走った。午後5時半、報道陣約50人を前に関西テレビ千草宗一郎社長は「番組内容に事実とは異なる内容が含まれていることが判明いたしました。視聴者、出演者、スポンサーの皆様にはご信頼を裏切ることになり、誠に申し訳ありません」と、苦渋の表情で頭を下げた。

 放送開始から10年あまり、生活お役立ち情報番組として今や誰もが知る「あるある」を根底から揺るがす不祥事だ。問題となったのは7日放送の「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」。納豆にダイエット効果があると大々的に紹介直後から全国で納豆の品切れ、品薄が相次いでいた。